エステティシャン

生理時の脱毛はNG

生理時は全身脱毛の場合、VIOの施術が受けられません。衛生面で問題があるためです。全身脱毛を受ける際は、生理周期に合わせた予約を行いましょう。生理不順の人はキャンセル料が無い所を選ぶと、安心して脱毛が続けられます。

詳しく見る

脚

脱毛法の選び方

できるだけ早く全身脱毛の効果を感じたいのであれば、脱毛サロンよりも医療機関がおすすめです。医療機関のレーザー脱毛であれば、1年から1年半で脱毛が終わります。脱毛サロンは2年から3年かかるので、医療機関の方がより早く脱毛が終わります。

詳しく見る

女性

費用と時間のどちらを優先

全身脱毛を受ける時には、しっかりと効果を実感するためにも、適切な回数を受けることが大切です。ただ、クリニックとサロンとでは、必要な回数、料金が異なることから、あなたがどちらを優先するのかをまずは決めることが必要です。

詳しく見る

サロン

仕上がりの美しい脱毛

サロンやクリニックでの全身脱毛は、カミソリや毛抜きでの自己処理よりもきれいな仕上がりになります。光やレーザーを照射して毛根を燃焼して毛の再生を防ぐため、肌表面への刺激が少なく肌荒れのリスクも少なくなります。

詳しく見る

施術台

施術の効果と総費用

全身脱毛を検討している方は、その効果とかかる費用を知っておきましょう。 脱毛に成功すれば、今後はムダ毛に悩まされず、美しい肌でいられます。しかし、そのためには通年、施術を受けねばならず、費用もその分必要になります。

詳しく見る

各脱毛法の特徴

女性

光脱毛とレーザー脱毛の違い

全身脱毛を受けたいという場合は、どの脱毛方法を選択するのが自分に合っているのか把握する必要があります。今現在、全身脱毛を行うという際に選ばれているのは脱毛サロンの「光脱毛」と、医療機関の「レーザー脱毛」このどちらかです。光脱毛は文字通り光を肌に照射して無駄毛を処理するという脱毛法で、インテンスパルスライトやクリプトンライトなど使用される光の種類は各脱毛サロンによって異なります。これらの光は特殊な作用があり黒い色素のメラニンに反応して熱によるダメージを与え、毛根細胞自体の作用を弱めます。体毛を作る機能が衰えてしまうため光脱毛だと、無駄毛が生えにくくなる、生えてきても目立たない細い毛になると言った、減毛効果を得られるのが特徴です。一方、美容皮膚科や美容外科といった医療機関で行われているレーザー脱毛は、光脱毛のような減毛作用ではなく、半永久的に無駄毛が生えなくなる永久脱毛の効果があります。レーザー脱毛もメラニンに反応して脱毛効果を発揮するのですが、レーザーは光よりも熱エネルギーが高いため、毛根細胞自体を壊すのです。全身脱毛を受ける際に永久脱毛を希望するという場合は、脱毛サロンではなく医療機関でのレーザー脱毛を選択すると良いでしょう。また、レーザー脱毛の方が全身脱毛が完了するまでの施術回数も少なく、すぐに脱毛効果を感じられるというメリットがあります。ただし、レーザーで全身脱毛を行った場合にかかる最終的な費用は約40万円から50万円と、かなり金額は高額です。光での全身脱毛は20万円から30万円ほどが相場となっているので、効果や費用などを考慮して自分に合う脱毛を選ぶようにしましょう。

Copyright© 2019 脱毛サロンの光脱毛と医療機関のレーザー脱毛の違いについて知ろう All Rights Reserved.